メインイメージ画像

どういった保険に入るべき?

Q.自分は、まだ子供を持たない結婚した直後の20代男です。独身時代は、全く保険に入っていなかったのですが、いい機会なので保険の契約をしようと思案しています。どんな感じの保険がベストだと思われますか。
A.年齢もまだ若くご子息も今のところいらっしゃらないみたいなので、医療保険に重きを置くことを推薦します。
保険には形態として、積立方式のものとかけ捨て式のものが存在するのです。

保険に貯蓄性を求めないのならば、手軽に加入できるかけ捨て方式のものを推薦します。ボーナス金が発生しないので、保険の支払金としては非常に低価格なもの内容となっています。色々な企業から多種なかけ捨て保険が用意してありますが、中身とお金のバランスを考えて下さい。

Q保険はなぜ必須だと言えるのですか?多少なりとも貯金と公的援助があったら、保険なんか必要ないと予想しますが。
A.大変お金を持っている人、自分が死んだ後家族が経済的に困難でない人には、必要ないと考えられます。

公的サポートを使っても一定額の金額は自己負担しないとなりません。
2013年度の調査によると入院すると一日ごとに自己負担額は平均2万1000円となっています。このお金を長期間の入院であっても支払い可能と考えるならば、保険は契約の必要はないと考えます。
また、一度でも入院したことがあると保険の加入できないこともあるのです。長所・短所を注意した上で保険に加入するようにしましょう。

更新情報